こんにちは、HANZAWAです。

前回はESのストラクチャーについて学んでいきました。

前回はこちら

今回は、もう一つの重要なESにおける視点、「一貫したロジック」についてお話していきたいと思います。

ESでは志望動機や自己PR、学生時代頑張ったことなど、色々な項目が求められます。

この際、一つ一つのロジックについては気を付ける方が多いのですが、どっこい全体を通したロジックとなるとかなり適当になっている方が多いように感じられます。

面接などの前には我々もESをぱらっと読ましてもらうので、その際ESで結構あたりを付けてしまうのが本音です。

ESは就活生の名刺のようなものなので、ここが人より抜きんでいるか否かで第一印象が大きく変わってしまいます。

ごちゃごちゃという前に、すこし例を挙げましょう。悪い例と良い例をのせますね。

悪い例

自分の強み        あきらめず努力を続ける
自己PR          数学オリンピック優勝
志望動機         お金を稼ぎたいから
就職先を選ぶポイント   自己成長できるかどうか

良い例

自分の強み        頭がいいところ
自己PR          数学オリンピック優勝
志望動機         頭を使ってお金を稼ぎたいから
就職先を選ぶポイント   自分の数理的能力がエッジとなるか

上の悪い例のように、一本の軸がESから感じられない場合印象が薄くなってしまいます。

良い例では、「こいつ頭とにかくいいんやな」というキャラクターが用意に想像できますので、ESの段階でイメージをしっかり持つことができるわけです。

このように、すべての設問に対して、自分が印象付けたい一本の軸を作ってあげると好印象を持ってもらえると思います。

では、これでESの基礎は卒業です。次回からは具体的なESの設問に対する考え方をお話ししていきます。

お楽しみください。ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ