こんにちは、HANZAWAです。

今回はCF第二弾として、「配当と財務諸表の関係」についてみていきたいと思います。

前回はこちら

株主にとって、配当をあげてもらうことは利益を還元されているわけなので、喜ばしいことです。

利益のうち何%を配当に回すかという指標を、配当性向といいます。

これが高ければ高いほど、多くの配当を出すことになるのです。

ここで、この配当性向が、財務諸表にどのような影響を与えていくのかを考えていきましょう。

ある企業が、配当性向を10%上げたとします。

この場合、仮に利益が一定ならば、配当支払いが10%分増えるということになります。

まずこの部分は、株主資本から差し引かれることになります。

つまりBSの純資産の部分から差し引かれて株主の手元に帰るということになります。

そして、財務CFで配当支払いが増えるということになりますので、CF自体は減少していくということになります。

では、損益計算書においてはどうなるのでしょうか。

ここで重要なのは、配当はPLには関係がないということです。

なぜなら、PLで計算し終えた当期利益の一部を配当として支払っているからです。

PLの重要なコンセプトとして、株主に配当可能な利益を計算するもの、というものがあります。

以上のような流れで、配当はPLBSCFと関係しています。今後モデリングをしていく際は大いに参考にしていただければと思います。

それでは、次回はCF編、ひいてはバリュエーション基礎講座最終回として、設備投資とモデリングの関係を見ていきます。

では、次回をお楽しみに。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ