こんにちは、HANZAWAです。

今回は、バリュエーション基礎講座のCF計算書編第一弾として、「資本金と資本準備金」についてお話していきます。

簿記を習ったことのある方はお分かりかと思いますが、会社が資本を調達すると、半分は資本金に、そしてもう半分は資本準備金に振り分けられます。

資本金と資本準備金というのは、どう違うのでしょうか

これは、投資家の観点からすると、とても大きな違いとなってきます。

例えば、1000億円の増資を行うとします。

この1000億円は、BSの株主資本に1000億円入り、CFの財務CFである公募増資に1000億円入ることを通して現預金に1000億円入ることになります。

ですがここで重要なのは、この1000億円の半分の500億円のみが、配当や自社株買いに使える資金になるということです。

資本準備金の範囲内でしか、配当や自社株買いで投資家には還元できないということをしっかりと覚えておきましょう。

なので、投資家に還元できる資本金は、調達した資本の半分であるということを頭にしっかりといれておいてください。

まれに企業が資本金を資本準備金に振り分けるという行為をすることがありますが、これはつまり、配当や自社株買いに使える資金を増やすという行為であります。

資本金と資本準備金は似て非なるものということを今回は理解していただけると幸いです。

それでは、次回は配当と財務諸表の関係についてみていきます。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ