こんにちは、HANZAWAです。

今日はバランスシート最終回ということで、「クォリティの高いPBR」についてお話していきます。

前回はこちら

PBRは、例えば1だと解散価値と考えられるような、株価と株主資本の関係を表した指標です。

PBRはアセットのクォリティによって変わるということは今までもお話してきました。

つまり、資産が本当は簿価の価値以下しかなければ、PBRは低下傾向になるということです。

これは資産の価値自体が本当は低いわけですから、納得ですね。

でも、簿価の資産価値が同じで株価が同じでも、投資家にとってうれしいPBRとそうでないPBRが存在するのです。

それは、資産が流動資産か固定資産か、ということです。

実は、投資家にとって同じPBRでも、資産の内訳が流動資産が多い方が、会社が魅力的なのです。

何故でしょうか?

それは、流動資産の方が「より現金に近いから」です。

結局は、PBRというのは、会社を解散した時の資産価値と比べるわけなのですが、その資産価値が曲者です。

明らかに簿価以下の価値しかない資産ならまだしも、特に固定資産は、なかなか投資家サイドからは、本当に簿価と同等の現金を得ることができるか判断しがたいのが実情です。

実際に固定資産が簿価通りの値段で売れるのであれば問題はないですが、万一低い価格でしか売れなかった場合、解散価値が大幅に棄損される可能性があります。

その点資産が流動資産であれば、確実に現金に換えることができるわけで、投資家にとって安心なわけです。

実際に会社を見ていく際は、その資産が流動資産か、固定資産かなども注意してみていくと、面白いと思います。

それでは、次回からはCF計算書のモデリングについてお話していきます。

ではでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ