こんにちは、HANZAWAです。

今回は、バランスシート第二弾として、純資産と株主資本の違いについて、考えていきます。

前回はこちら

基本的にバランスシートは、左側が資産、右上が負債、右下が純資産となっています。

負債は債権者に帰属し、純資産は株主に帰属すると覚えている方も多いのではないのでしょうか。

ですが、PBRを算出したり、ROEを算出する際はこの純資産を単純に用いてはいけません

純資産は厳密には株主資本とは違います

どういうことかというと、純資産には、少数株主持ち分や、優先株が存在するからです。

ですが、少数株主持ち分は子会社の少数株主に帰属しますし、優先株は優先株主に帰属するので、普通株主に帰属する株主資本には含まれないわけなのです。

なので、PBRやROEを算出していく際には、純資産ではなく、厳密な意味での株主資本を用いなければなりません。

なので、PBRやROEを見た際は、そのベースとなっているのが純資産なのか株主資本なのかは常に注意を払っていきましょう。

実際に株式投資をしたり、企業の価値評価を実務で行う場合は、もちろん理論的に整合している株主資本ベースでの指標を用いるようにしてください。

それでは、次回は「よりクォリティの高いPBRをみつけるための留意点」についてお話しします。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ