こんにちは、HANZAWAです。

バリュエーション講座バランスシート編第一弾ということで、今回は所謂運転資本のモデリングについてお話しします。

運転資本とは、流動資産ー流動負債で求められる、会社の持ち分の中で流動的な部分のことです。

これは基本プラスで、一つの安全性の目安として見ることができます。

これの主要な部分である売掛金、棚卸資産、買掛金ですが、これはどのようにモデリングするのでしょうか。

一般的には、売上と売上原価の伸びに連動させます。

これは、基本的には売り上げと信用取引は連動すると考えるのが普通だからです。

棚卸資産や買掛金は売上原価と基本的には連動するのが普通であると考えられます。

そもそも、これが連動しないというのは、少し危険なサインであると考えられます。

例えば売上の伸びに比べて売掛金の伸びがさらに異常であるなら、取引先が無茶をいって売買条件が悪化してきていることが考えられます。

もしくは、売上を伸ばしたいがために、無理に売掛金で商売をしている可能性もあるわけですね。

モデリングをする際は、基本的には常識的な判断でモデル化していきます。

これは裏を返すと、その常識的な判断からずれた動きを実際の企業がしているなら、そこにはよからぬ何かがある可能性が高いということです。

その意味で、自分で企業のモデリングができるようになるというのは、企業のことを深く理解するいい練習にもなるということですね。

では、次回は純資産と株主資本の違いについて話していきます。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ