こんにちは、HANZAWAです。

前回は利益計算をモデリングしていくときの営業外損益や特別損益の扱い方をお話ししました。

今回は、バリュエーションの中でもPERを予想していく上で、PERのぶれをどのように考えていくかをお話しします。

どういうことかといいますと、PERは株価とEPSの倍率関係です。

このEPSは、利益を株数で割ったものですので、特別損失や利益が出たときは大きくぶれてしまうわけですね。

このような一時的な要素で大きくPERはぶれてしまうわけですが、これでは企業の真の価値を見誤ることがかなり多くなってしまうわけです。

では実際株式投資でPERはどのように考えればいいのでしょうか・・

ここで、将来PERにおいて肝心なのは、恒常的にどれくらい収益性があるか、ということです。

例えば特別利益や特別損失で大きく変動してしまったときは、それらを考慮せず、調整した利益(早い話が営業利益や経常利益から税金を引いたもの)を用いてPERを算出したりします。

実際、短期的には株価は本質価値からずれますが、長期的には企業価値に沿って動いていきます。

なので、大きい変動が出たときは、あまりそれを意識せず、本質的な本業の利益にどのような影響があったかを見て判断することになります。

このようなこともあって、再三ですが、やはり営業利益の予測が最も大切になるわけです。

なので、実務だけでなく、たとえば株式投資にバリュエーションを用いるとするならば、しっかりと利益予想して、将来PERを予測し割安か割高かを判断してください。

そのときはなるべくノイズは無視して、恒常的に稼げるだろう本業のしっかりした利益を予測するように心がけると、うまくいくと思います!

それでは、次回からは、BS(バランスシート)についてやっていきたいと思います。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ