こんにちは、HANZAWAです。

前回は、利益予想をする上でもっとも神経を使って予測しなければならないものは営業利益だということを学びました。

今回は、その上で、営業外収益や特別収益、特に持ち分法利益・支払利息・特別損失が無視できないくらい大きい時、どのようにモデル化していくかを紹介していきます。

まずは、持ち分法利益についてです。

これは、持ち分法でもっている関係会社の利益が親会社の利益にとって到底無視できないくらい大きい時に考えます。

例えば親会社の利益とほぼ同じくらいの利益が持ち分法利益で出てしまうと、これは計算上無視できません。

この場合の答えはとてもシンプルです。

関係会社の利益予想も行う

ただこれだけです。

作業がほぼ2倍になるわけで、地獄笑ですが、これが基本的に実務で行っていることです。

線形でえいっとやってしまいたいのですが、そうは上司が許しませんので、頑張ることになります。

次に、負債がかなり大きい場合の利払いに関してです。

これは、その会社の負債水準、利子率の水準も予想していくこととなります。

まじめな人は、会社にヒアリングし、妥当なモデルをしっかりくみ、予測していきます。

まぁそうでなくても、多少の簡単な負債返済モデルを組むのが通常です。

無料動画ではやりませんでしたが、有料動画の方では、これを扱おうと考えていますので、興味のおありの方は、是非ご購入ください。(2014年4月リリース予定)

最後に特別損失です。

これは、会社が公表している予定以外は、基本的にゼロとおいていきます。

無視できないくらい大きい時は、毎年と同じくらいの数字を仮に置いておくのが通常です。

特別利益、特別損失は会社の意思でいつ発生させるかコントロールできます。

なので、実務上は、特別損失や利益に入れるタイミングは、会社が公表している中期計画やヒアリングで知ることのできた数値を適当にインプットするということになります。

ということで、実際のモデルでは、そこまで深く考えない、というのが答えになるのです。

このように、営業外収益・特別収益は、あまり深い議論の対象とならないことがほとんどです。

実務上はそれよりもやはり営業利益です。この部分を外さないようにしっかりとモデルを組み立てていってください!

次回はPL最終回ということで、モデルからバリュエーションを求めていくときの留意点、中でもPERの予想に焦点を当ててみます。

それでは、次回もお楽しみください。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ