こんにちは、HANZAWAです。

今回から、バリュエーション基礎講座を始めます。

投資や財務モデリング等、やはり企業財務の主役はバリュエーションだと思います。

指標などの説明はしっかりとファイナンス基礎講座でやってきましたので、ここでは企業財務をモデル化していく上で押さえておかなければいけない重要なポイントを紹介していきます。

まずは、これから何回かを用いて、PLをモデリングする際の重要事項をしっかりと確認していきます。

ビジネスシミュレーションの動画講座と併用してお読みいただくと、より実務で実際に行っていくときに参考になると思います!

それでは、第一回では、「予測する利益は、どの利益か」をテーマに扱っていきます。

利益予想を行う際、もっとも大切な利益は、誰が何と言おうと営業利益です。

投資で重要なPERなどの指標で用いられるのは当期利益ですが、これを直接予想していくのはかなり難しいです。というか無理です。

なぜなら、営業外収益や特別収益はワンタイムの場合が多く、予測しづらいという性質があるからです。

よって、これらの数値が営業利益の規模に比べて小さいときは、結局企業が安定的に稼ぐ力というのは、営業利益に表れると考えられるのです。

投資銀行業務においても、株式投資においても、最も大切なものは、本業から稼ぎ出せる利益です。

なので、基本的には予測可能性と影響度の大きさを加味して、営業利益で簡略化を行うのが実務的な判断になるわけです。

もちろん、持ち分法利益や、固定資産の減損損失、繰り延べ税金資産の取り崩し、子会社の売却益、など、このようなものがが無視できないくらい大きいときは、話は別です。

なんとかエイやっと数値をあてはめてみたり、マネジメントにヒアリングしてみたり、色々な方法を用いて苦心します。

ですが、それもこれも営業利益の予想がクォリティーが低ければお話になりません。

モデリングにおいて、最も大切な予想事項は、営業利益

これをしっかりと肝に銘じて今後行っていってください。

次回は、支払利息や特別損失、持ち分法利益などをモデルで予測しなければいけない時(早い話が無視できないくらい大きい時)はどのように行うかを扱います。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ