こんにちは、HANZAWAです。

前回は、グリーンブラットさんの知恵を少しお借りして、EV/EBITDAの利点をさらにみていきました。

前回はこちら

今日は、EVを計算するために、優先株と長期保有有価証券をどのように扱うのかをみていきます。

優先株とは、通常普通株に比べ、優先的に配当や残余財産請求権を付与される代わりに、議決権がなかったり、劣っていたりする株式のことです。

一定の条件で普通株式に転換が可能だったりします。

さて、この優先株はEV計算時どのように考えるべきなのでしょうか。

それは、この優先株が償還されるかされないかに大きくかかわってきます。一般的には株主は希薄化を嫌うため、優先株は買い取り償還されます。

よって、償還される場合は負債と同様の性質であると考えられるため、EVにプラスされることになります。

買い取り償還されないと考えられる場合、EVにプラスされることはなく、代わりに株式数が増加することとなります。(転換後の議論は少々複雑となるため省略)

よって、EVにどう反映させるかを考えるときは、本質的にその資産の性格は何かを考えなければいけません。

次に、長期保有有価証券はどのように扱うのでしょうか。

これも、本質的にどういう性格なのかを考える必要があります。

たとえば、売却しても本業に差し支えない場合、これはキャッシュと考えることができるので、EVからマイナスします。

ですが、本業を行うのに必須の資産の場合、EVには含みません。その価値は予め企業価値に含まれていると考えられるからです。

結論として、EVを計算するときは、資産や負債が、本質的にどのような位置づけなのかを考えて、行わなければいけません。

大体はネットデットを計算するときに判断することになるので、本業で使うのかどうか、や最終的に現金で返さなければならないのかどうかなどを手掛かりに考えていく必要があります。

少し複雑で発展的な議論でしたが、参考になりますと幸いです。

では、次回をお楽しみに!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ