こんにちは、HANZAWAです。

EBITDA第4回です。 前回は、EV/EBITDAという指標についてみていきました。

前回はこちら

EV/EBITDAは「企業を買うにはその企業が生むキャッシュ何年分が必要か」という指標でした。

今回は、EV/EBITDAは株式投資に用いることができるのかどうなのかという点について、グリーンブラットさんというヘッジファンドマネージャーの見解についてみていきたいと思います。

まず、グリーンブラットさん。本名は、ジョエル・グリーンブラットといって、天才ヘッジファンドマネージャーの一人です。

有名な著書に、「グリーンブラット投資法」という本があります。

とても素晴らしい良書ですので、株式投資に興味がある方は、是非一度読んでみることをお勧めします。

彼は、株価の水準を図るのに、EV/EBITを用います

EBITDAではなく、EBIT(営業利益)です。これは、前々回で少し触れましたが、償却費は事業を行うのに必要な費用であり利益に足し戻すべきでないと考えたためでしょう。

ここで、彼がPERやPBRを用いない原因として、以下の理由を挙げています。

「収益回りを比較するときに、債務水準や税率が異なる会社を同じ条件でみたいから」

当期純利益だと、税率の異なる環境だと比較ができず、時価総額を用いると、債務水準を考慮できないので、

税率が関係ない営業利益、債務水準も考慮した企業価値であるEVを用いていると考えられます。

実際には多くの人がPERやPBRに基づいて比較を行い、株式投資を行っているのですが、本来価値を比較するのであれば、確かに上の議論は一理があると考えます。

企業の本質価値を見るという点では、EV/EBITのほうがPERやPBRのほうが優れているでしょう。

マーケットは短期的には効率的ではないと私は考えていますので、PERに偏った投資がなされていれば、長期的には本質価値に回帰すると考えられるので、

EV/EBITの水準でみたとき価格にゆがみが出ているなら、それは投資のチャンスだといえるかもしれません。

ません や でしょう と言葉を濁しているのは、マーケットの見方は個人によるもので、どれが正しいなどはないからです。 逃げですね笑。

投資銀行業務に直してみても、EV/EBITDAを用いる一つの利点としては、やはり比較をしやすいというものがあります。

税率や債務に影響を受けないため、(この場合は償却水準にも)企業価値をマルチプル法で求めるときは、最も汎用性があるのがEV/EBITDAなので、我々がよく使うわけです。

と、いうことで、少し番外的な内容となりましたが、EV/EBITDA(EV/EBIT)の有用性は分かっていただけたかと思います!!

それでは、次回は、かなり細かい論点を見ていきたいと思います。

優先株や、長期保有有価証券などはEV計算においてどう扱うのかということを見ていきます。

では、お楽しみに!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ