こんにちは、HANZAWAです。

EBITDA第三回です。前回はEBITDAを詳しく見ていきました。

前回はこちら

今回からついに、EV/EBITDAについてしっかり見ていきたいと思います。

EV/EBITDAという指標はそもそもなんなのかというと、

「その企業を買うのに企業が生むキャッシュ何期分が必要なのか」

という指標なのです。

なので、分子がEVなわけです。EVは企業を買うために正味必要な金額ですからね。

EBITDAを使うのは、営業キャッシュフローの近似値だからです。

この指標は大雑把に、企業を買収するならその資金は何年で回収できるかの指標だと考えていただければと思います。

だからM&Aの現場では結構使われる指標なんですね。

EV/EBITDAは当然時価総額の水準に依存します。PERが高ければEV/EBITDAも高くなります。

ですが、PERは20倍なのに、EVEBITDAは2倍や、もしくはマイナスで取引されている企業もあります。

これは、PERが株主に帰属する将来利益(単純化すると営業利益)とリスクファクターのみに帰属するのに対して、

EV/EBITDAは利益だけでなく、BSの項目、つまり負債と現金及び現金同等物がどれくらいあるかにも依存するからです。

設備投資があまり必要でないので負債もあまり必要がない、しかしキャッシュがたまるビジネスでは、ネットデットがマイナスとなるので、その量によってはEVがマイナスとなったりするわけです。

逆に、巨大な設備投資が必要で負債が大きく、さらにキャッシュを生み出さないビジネスでは、EV/EBITDAは日本市場平均の8倍を大きく上回ることになるわけです。

株式投資ではPERやPBRが主役ですが、EV/EBITDAは使いものにはならないのでしょうか?

実はこの点に関して、有名な投資家のグリーンブラットがとてもおもしろい考え方をしているので、次の回で紹介したいと思います。

ではでは、次回は少し番外編的な内容になりますが、お楽しみに!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ