こんにちは、HANZAWAです。

EVEBITDA第2回です。前回は企業価値とEVについて話をしていきました。

前回はこちら

今回は、EBITDAについて詳しく話をしていきます。

EBITDAとは、Earnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortization の略で、

簡単にいうと、利息と税引き前の利益に、減価償却費とのれん償却費を足し合わせたものです。

これの求め方は、いろいろとありますが、税引き前当期純利益に特別損益、支払利息、償却費を足し合わせたり、営業利益に償却費を足し合わせたりします。

われわれが一般的に使うのは営業利益に足し合わせるものです。

よって、EBITDA = 営業利益 + 減価償却費 + のれん償却費

となります。

で、そもそもEBITDAとはなんなのでしょうか。

これは、ぶっちゃけていうと、めちゃくちゃ中途半端な指標なんです。

基本的に、EBITDAは、営業キャッシュフローの近似値として使います。

つまり、本業で生み出すキャッシュフローの近似値ですね。

ですが、営業CFとは違って税金がひかれてません。

あと、一回限りの特別な損益も考えられていません。

これは、恒常的に予測可能な本業からのキャッシュフローを見るという目的のためにそうなっています。

じゃFCFはあかんのかいて話なんですけどね。FCFは項目が多くなるということで採用されません。

でも、FCFだと資本的支出、つまり本業を行うのに必要な設備投資などはひかれますが、

EBITDAからはひかれません。 でも減価償却費は足し戻されるので、設備投資は一切考慮されていないということですね。

あの有名なウォーレンバフェットさんも、EBITDAは使わないようです。

理由は、「本業を行うのにどうしても必要な設備投資に関する費用を一切考慮しない不完全な指標だから」だそうです。

まぁでもM&Aとかの現場では正直つかいまくるんですよね。 だって使いやすいから。

EBITDAは確かに不完全ですが、正直どの値をつかっても不完全なんです。

FCFはやはりワンタイム要素が結構はいりますし、運転資本とかの関係で、本業から生み出すキャッシュフローを一番わかりやすく近似しているのはEBITDAだと個人的には思います。

まぁ、完全なものなど世の中にはないので、一つの便利な指標、位に覚えておいてください。

それでは、次回は本題の、EV/EBITDA について考えていきます。

なぜEBITDAをつかうのか、当期利益ではだめなのか、という疑問に答えていきたいと思います!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ