こんにちは、HANZAWAです。

ファイナンス基礎講座、今回からEV/EBITDAという指標について扱っていきます。

まず、そもそもEVとEBITDAてなんやねん、と。

EVは、Enterprise Valueのことで、日本語では企業価値です。

じゃあ、DCF法でやってきたあの、企業価値ですね!  といきたいのですが。。

少しだけ違います。

DCF法では将来にわたる資金提供者に帰属するキャッシュフローを割り引きました。

これで求められる企業価値は、事業から生まれる株主にとっての、プラス債権者にとっての企業価値です。

DCF法の回では詳しく説明しませんでしたが、これで企業価値はすべてではありません。

なぜなら、企業には、事業に使わない資産と、既に手持ちの現金及び現金同等物が存在するからです。

この2つは、基本的には事業に用いないため、事業から生まれる将来キャッシュフローには含まれていません。

なので、この2つを足したものが本当の企業価値といえるでしょう。

つまり、

企業価値 = DCF + 現金及び現金同等物 + 非事業資産

となるわけなんですね。

もう少しこの関係式を展開してみます。

企業価値 = 時価総額 + 有利子負債 = DCF + 現金及び現金同等物 + 非事業資産

上記のようになります。

では、これがEVなのでしょうか!

じつは、違うんですね、このEVは和訳は企業価値なのですが、また定義が少し違うんです。

実は、EVは、 EV = 時価総額 + 有利子負債 - 現金及び現金同等物

となります。

なぜこのような差が生じるかというと、ここでのEVは、

「この企業を買うならいくら必要か」

という指標なのです。

企業をかうには、まず株式全額買い取る必要があるため、時価総額全額がかかります。

その次に、債権者に負債を全額返済しなければなりません。 なので、有利子負債全額がかかります。

ですが、ここで、現金及び現金同等物は、企業が手に入れば負債返済に充てることができるので、実質的にはこの額分はお金は必要ありません

なので、現金及び現金同等物を差し引くわけですね。

長くなったのでまとめていきます。

企業価値 = 時価総額 + 有利子負債 = DCF + 現金及び現金同等物 + 非事業資産
EV = 時価総額 + 有利子負債 - 現金及び現金同等物
EVは「企業を買うのに正味必要なお金」

です。

企業価値といっても実際定義は様々で、今はどの意味での企業価値のことをいってるのか、常に頭を働かせる必要があります。

ごちゃごちゃしていますが、頑張って覚えましょう!笑

では、次回はEBITDAを解説していきます。

それでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ