こんにちは、HANZAWAです。

今回が、PBR最終回です!

前回までで、PER、PBR、ROEはセットでみていくということを学んでいきました。

前回はこちら

今回は、PBRの下支えについてみていきます。

PBR = 1が解散価値であるというのは覚えていらっしゃるでしょうか。

それはつまり、PBR=1が一応のPBRの下支えであるということを意味します。

たとえば、高いROEと高いPBRによってPERが20となった株と、低いROEと低いPBRによってPERが20となった株というのは全然PER20の意味合いが違うわけです。

高ROEがいつまでも続くとは限りません。この時、ROEが著しく低くなってしまえば、(例えば2%とか1%とか)収益性の観点でこの株に投資するインセンティブがなくなってしまうわけです。

ですが、PBRのようなBSの資産でみるとまだ株を取引する余地があります。

このとき、PBRは1に近づくまで、下がり続けるでしょう。ROEが低いわけですから、PBRの下支えまで株価は急落します。

もし高PBRの状態でこの株をもっていたなら、PBR1まで、かなり大きいダウンサイドが存在するというわけです。

ですが、もともと低ROE、低PBRなら、ちょっとやそっとのROE変化ではぐらつきません。PBRのダウンサイドもそこまで大きくないでしょう。

そこで、あなたがこの会社がROE(もっとつきつめれば利益)を将来的に市場が予想しているよりあげるだろう、もしくはあげる見込みがあると考えるならば、

この会社の株は「割安」であり、買いとなるわけです。

勿論、両者とも市場予想より高ROEを継続するとあなたが考えるのであれば「買い」なのですが、

このようにPBRの下支えがあるとないとでは、ダウンサイドに大きな違いがでてきますので、投資するときは注意が必要です。

PBR = 1は一応の下支えとはなりますが、資産のクォリティが低かったり、ROEが低い場合はその限りではないということをもう一度復習しておいてくださいね(PBRが低い理由という投稿で解説してます!)

では、次回からは、最後の大型指標、EV/EBITDAについて扱っていきます!

これは投資銀行部門では特に頻繁に用いますので、思い入れも相当です笑

次回からをお楽しみください!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ