こんにちは、HANZAWAです。

前回までは、PBRが低いのはどういう理由によるものなのか、ということをみていきました。

前回はこちら

今回は、逆に、PBRが高くなる場合を考えていきたいと思います。

みなさん、PBRが高いのは、どのような理由によるものだと思いますか?

答えは、株価が高いということです。

当たり前ですね。笑

株価が高ければ、PBRもPERも高くなります。

ではでは、株価はどういうときに高くなるのでしょうか。

PERの回でもやりましたが、株価は利益成長とリスクファクターに大きく左右されます

それはDCF法を使った企業価値の求め方から明らかでした。

ではでは、ここで具体的に利益成長とはなんなのでしょうか・・

それをあらわす指標が、前回やったROEなのです!

PER × ROE = PBR という重要な式からもわかるとおり、ROEが高ければ、PBRも高くなります。

PBRが下支えしているなら、ROEが低ければ低いほどPERが高くなるなんてことをやりましたが、それはPERが信用されていない異常事態での話です。

基本的には、PERとPBRがどちらも信頼できる値であるのが健全な株式市場ですね。

この場合、「市場から高いROEが見込まれる」とPERもPBRもどちらも高くなります

ROEはまさに株主にとっての利益成長の指標ですので、これが高いと株価が高くなり、PERもPBRも高くなるわけです。

「ROEがどうなると市場に予測されているか」が一つの株式投資の王道的考え方です。

ROEが高くて、今後も高く成長し続けると考えられているのに、PER、PBRが平均でみて高水準でない場合、かなり自信をもってその株は「買い」といえると思います。

今まで色々とPERが高い理由、低い理由、PBRが低い理由などやってきましたが、

「PER、PBR、ROEはセットでみる」

ということがとても重要であることがお分かりになられたかと思います。

PERが高い理由や低い理由、PBRが低い理由がスラスラと出てこない場合、今までのファイナンス基礎講座をもう一度復習していただければと思います。

それでは、次回は、もう少しPBRを見ていきます。

「PBRの下支え」をテーマに扱っていきたいと思います!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ