こんにちは、HANZAWAです。

PBR講座第三回ですね。

前回はPBRが1を下回る一つの理由として、簿価の自己資本価値が信用されていないということを詳しく説明しました。

前回はこちら

今回は、前回挙げた二つ目の理由。機会費用より低いROEしかあげないと市場が見ているから という理由について詳しく見ていきます。

例えば、市場平均は大体、ROE6%、PBR1が一般的です。

ROEは当期純利益を自己資本で割ったものです。

ここで、当期純利益は配当として配られるかもしれませんし、自己資本に足されるかもしれません どちらにしても、これは株主にとっての資本です。

ということは、ROEというのは、株主にとっての資本が、年何%で成長していくのかをみているのと同義なわけですね。

株主にとっての資本は、毎年当期純利益分だけ成長していくのですから、ROEは株主資本の成長スピードとなるわけです。

ということは、先ほどの市場平均を言い換えると、株主資本が6%で成長していかないなら、会社の株を今の簿価では買いたくありません という市場からの意思表明だととれるわけ
です。

なので、ROEが2%とかになれば、もう簿価で株を買うなんてことはありえないということになり、PBRが大きく1を下回るわけですね。

今までのことをまとめると、PBRは、その簿価が信用されていないか、ROEが低いかのいずれかで、1を下回ってきます

そして、ポイントは、もうPBRが1を下回っている株は、少なくとも売買するときPBRを参考にしてはいけないということです。

PBRが1を下回れば、適正なPBRなど誰にもわかりません。この場合、多くの投資家はこの株を、他の指標を参考にして買っている場合がほとんどです。

なので、利益成長が低いときの高PERと同様、著しく1より低いPBRには、手を出さないほうが賢明だということです。

では、次回は逆に、著しく高いPBRはどういうことなのか、ということを探っていきたいと思います。

楽しみにしておいてください。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ