こんにちは、HANZAWAです。

PBR講座第二弾です!前回はPBRの指標そのものの解説と、PBR = 1という意味の大切さを学びました。

前回はこちら

今回は、PBRがなぜ1を下回っても放置されている株があるのかを詳しく見ていきます。

PBRが1を下回るということは、株価が解散価値以下ということですね。

ということは、例えばあなたが買収ファンドだとすると、会社の株を全部買い取って会社を解散させて全部資産をうっぱらったら確実にもうかることになります。

(倫理的にはアレデスケド・・・)

敵対的買収などし放題のように感じますよね・・ 会社がちゃんと利益だしているなら、明らかに割安なんじゃないですかと思う方もいらっしゃると思います。

しかし現実にはPBRが超低くても放置されている会社は山ほどあります。

なぜでしょうか??

その理由は大きく2点あります。

一つが、PBRの分母である自己資本の簿価が信用されていないということ
もう一つは機会費用より低いROEが継続されると市場が見ていること

の2点です。

まず、一つ目ですが、自己資本の簿価は、バランスシートの資産から負債を引いて少数株主持ち分等をさらに引いて求めます。

このとき、バランスシートの資産のほとんどが現金だったり有価証券だったりすれば、確かに売ると簿価とそう変わらない現金が手に入ります。

ですが、車や古い工場など、減価償却してるにしても、今売ったら簿価より小さい現金しか手にはいらんだろうと考えられる資産もあります。

この後者のような資産がいっぱいあるとき、バランスシートの簿価は信用できないということになります。

このように、投資家が、真に現金化するとこれくらいになるだろうという簿価価値がバランスシートの簿価価値よりも小さければ、PBRは見かけ上割安でも実は適正価値なんてことが起こるわけですね。

例えば自己資本の価値が100億円、時価総額が80億円だとします。

このときPBRは0.8です。一見割安ですね。

ですが、投資家はこの自己資本の本当の価値は80億円程度だと思っているとします。

そうすると、投資家にとっての真のPBRは1となり、一見割安だけど、実は解散価値そのものだ ということになるわけです。

このように、PBRが1を下回っているときは、すぐに割安だと判断せず、まずその資産価値をしっかりみてみるとよいと思います。

さて、二つ目の理由ですが、長くなったので次回とします。

お楽しみに!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ