こんにちは、HANZAWAです。

今までPBRPBRと時々いってたわけですが、今回から本格的に、PBR講座のスタートです!

とはいえそもそもPBRてなんやねんと。

PBRとは、

PBR = 株価/一株当たり自己資本

です!

と、例によって教科書的なことをいっても全然頭にはいりませんよね笑

PBRの先ほどの分子、分母に発行株式数をかけると、

PBR = 時価総額/自己資本

となります。

つまり、PBRとは、

今市場からつけられている会社の値段は株主が投資しているお金の何倍か

という指標なんですね。

ここで、頭に入れてほしいのは、PBR = 1という時のこの、1という数字の意味です。

PBR = 1 = 時価総額/自己資本

ということは、市場からつけられている会社の値段は、株主が投資しているお金と同じということです。

これがなぜ大切なんでしょうか

自己資本というのは、最悪資産とかを全部うっぱらってしまえば、現金として株主のものになるわけですね。(会社を解散させたとして)

PBRが1を下回るということは、市場からつけられている値段より、会社をうっぱらったほうが、早い話が投資家には利益が出るということなんです。

なので、そんな会社存続している必要がない、解散させるべきだ!との意味をこめて、

PBR = 1 を 解散価値 と一般的に考え、一つの株価のダウンサイドサポート(底値の指標)とされているんです。

なので、PBRを見る際は、それが1より大きいか小さいかをみるのが、まず一般的な使い方となります。

会社は投資家からどれくらい期待されているかということですね。

期待されてりゃ1より大きくなりますし、期待されてなけりゃ「はよ解散しろ」ということで1より小さくなります。

はい、実はここまでは一般論の「教科書的な」説明です。

勿論今回の内容を理解していなければ先が意味不明となるので、絶対に理解していただきたい重要なことです!

ですが、本当のPBR講座はここから始まります。

まぁそれは次回からなんですが、すこしさわりだけ。

日本の企業ってPBRどれくらいだと思いますか?

じつはアベノミクスでうるおう一昔前はPBR1が日本企業の平均だったんです。

平均1ということは、少なからず1以下の企業があったということですね。

じゃあ、日本の企業、ほとんど売ったほうがええやん という話になるのですが、実はそうはならない。

現に、今でも、PBR = 0.8とかで放置されている会社なんて山のようにあります。

なぜ?

次回は、PBRが1倍を下回る理由を題材に、話を進めていきます。

どうぞお楽しみに!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ