どうも、HANZAWAです。

PER講座第五回です!

前回は、PERを比べる際は、利益の成長率と、リスクが同等とみなされる企業群において比べることが重要であることを学びました。

前回はこちら

さて、PERは時折異常値をみせます。

たとえば、ROE(自己資本利益率)がとても低いのに、PERが50倍などで取引されている会社などです。

ROEは利益÷自己資本で、いわゆる収益性をみる指標です。

これが低いということは、利益が少ない。普通に考えるならPERは低いでしょうと。

ならなぜこのような矛盾が現れるのでしょうか・・・?

実は、ここでとても重要な式を紹介します。

この式は当たり前なのですが、とても重要な式です。頑張って覚えましょう!!

それでは・・・

PBR = PER × ROE

PBRとは時価総額÷自己資本なので、もうこれは定義通りなのですけれども、これが実はとても重要なのです。

たとえば、PBRは1倍が解散価値といわれます(これはけっこうアヤシイんですけどね、また追々やります)

なぜなら、時価総額が自己資本より小さいなら、もう会社解散させて資産全部うっぱらったほうがええやん てことですね。

なので一般的にはPBRの底の目安が1だと考えられています。

ということはですよ・・・

PBRが1だとすると、ROEがめちゃくちゃ低ければ、PERは高くならざるを得ないわけです!

ROEが0.02なら50倍ですからね。

まぁ、つまり、株というものは、

利益水準がいいときはPERをみて
それ以外のときはPBRなどの他指標で

買われているということになるわけです。

なので、ROEが低ければ、PERがめちゃくちゃ高いなんてこともあるわけです。

で、このような場合は投資家はPERで株を取引きしているわけではないのです。

次回でもう少し詳しくここを議論して(大切なところなので)

PBRなど他指標へと話を移していきたいと思います。

ではでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ