どうも、HANZAWAです。

PER講座第4回ですね。

前回は、将来キャッシュフロー、または利益に影響を及ぼすこと・リスクファクターに影響を及ぼすことはすべてPERを左右する要素となることを学びました。

前回はこちら

今回は、どのようにPERを用いて投資判断をしていくかに焦点をあてて、話を進めていきます。

みなさんは、PER=30ときくと、どう思いますか?

割安ですか?割高ですか?

答えは、「わからない」 です。   拍子抜けしましたかね笑

というか、これだけの情報で投資判断を下すのは、とても危ない行為なのです。

PERという指標は、平均と比べることではじめて、使い物になる指標なのです。

PERに影響を与えるのは将来キャッシュフロー(利益)とリスクファクターでした。

なので、PERを比べる際は、利益の成長率と、リスクが同等とみなされる企業群において比べることが重要となります。

PERは比率ですので、利益の絶対値というよりは、成長率の方が大切になります。

まとめると、

PERは比べる企業群の平均と比較することで割安か割高かを判断する。

その企業群は、なるべく利益の成長率とリスクが同等であるものを選ぶのが良い。

ということになります。

PERを比べるときはよく同業他社間で比べます。

これは、「同じビジネスということは利益成長やビジネスにおけるリスクは同等だろう」という暗黙の仮定があるから成り立っているわけですね。

ですので、もし、同じ産業の分類でも、

まったく違うビジネスや成長見込みであれば、PER比較に正当性はないということになります。

実際にご自身で投資判断などをなさる際は、利益成長性とリスクというところを十分に考慮して、比較分析をなさってください!

たとえば、利益の殆どが医療機器からきている電子メーカーのPERが割安かどうかを判断するのは、電子機器業界の平均と比べるよりも、医療機器業界と比べる方が正当性が高い可能性があります。

そのとき、もし市場が電子機器業界にその電子メーカーをグルーピングしているとしたら、いずれ医療機器業界へとグルーピングを変えていく可能性があるわけです。

ということは、その時の市場のミスを逆手にとって、儲けることが出来る可能性があるわけですね。

このようなバックグラウンドの知識を持っておくだけで、これからPERという無味乾燥な指標を見る目が変わってくると思います!

それでは、次回は、PERの異常はどうして生まれるのかを検証していきます。

利益成長が殆どないのに、PERが50倍などで取引されている会社は、どういうことなのでしょうか?

こういったところをみていき、次はPBRへと話を移していきたいと思います。

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ