どうも、HANZAWAです。

前回は、PERが利益予想によって左右されるということについて、見て行きました。

前回はこちら

さて、今回は、PERが利益予想以外のものによって左右されるのかどうかをみていきましょう!

結論からいいますと、PERは利益予想以外の要素にも左右されます。

たとえば、国の投資家利益保護の法的インフラや、全般的なリスクプレミアムです。

例をあげますと、韓国の市場。

韓国は2010年まで、高いGDP成長率を誇ってきました。(6%程度の成長率)

つまり、PERで言う分子にあたる、企業の価値が将来的にどんどん大きくなると予想できるので、高いPERが妥当なはずです。

ですが、PERはずっと10倍前後という割安水準で取引されてきました。

なぜでしょうか?

これは、地政学的リスクが高かったからだと考えられます。

つまり、朝鮮半島の南北での軍事緊張が、全体的なリスクプレミアムを上昇させているわけですね。

リスクプレミアムの上昇は、リスクファクターの上昇。これはPERの分子の企業価値を小さくする効果があるわけです。

DCFでもやりましたが、キャッシュフローを割り引く値が大きければ、割り引かれたキャッシュフローは小さくなるからですね。

この例と同様に、投資家利益保護の法的インフラが整っていれば、リスクファクターが小さくなるので、PERは高くなる。

逆にリスクファクターを大きくするような懸念事項があると、PERは低くなるわけです。

また、他には、株式市場全体に対する投資家の期待も大きくPERに左右します

アベノミクスで景気回復だー!とマーケットが判断すれば、企業価値を作る将来キャッシュフローが増大すると考えられ、その結果PERも高くなるわけです。

まとめると、

①将来キャッシュフロー(もしくは将来利益)に変化をもたらすこと

②リスクファクターに変化をもたらすこと

の2点にかかわるものは全て、PERを左右する要素となるわけです!

新聞などの記事を読む時、「これはPERにどういった影響をもたらすんだろう?」といった視点を持って読むと、より知識が自分のものになっていくでしょう!

それでは、次回は、具体的なPERの使い方を説明していきます。

割安とか割高とかってどうやって判断すんねん!といったような疑問に、お答えしていきます。

お楽しみに!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ