どうも、HANZAWAです!

今回も引き続き、PERを扱って行きます!

前回はこちら

前回で、PERというのは、企業に投資するとき、どれくらいで元が取れるかを大雑把に見る指標だと学びました

今回は、日本を舞台にして、少しPERを詳しく見ていきたいと思います。

日本では、PERは大体16倍程度となっております。

これは、果たして高いのでしょうか、低いのでしょうか。

実は、結構他の国と比べると、高いんですねー。

なんででしょうか。

PERが高いという事は、色々な原因が考えられます。

まず、一番大きな原因が、利益の成長が高いと予測されているということです。

PERの分子である、時価総額。つまり株主にとっての企業価値は、なにでできているかは、もう皆さんはお分かりかと思います。

それは、DCF法などでもとめた、将来キャッシュフローを割り引いたものなわけです。

この将来キャッシュフローは、全て予測値です。

利益が成長すると予測されると、将来キャッシュフローも成長すると考えられます。

なので、分子が大きくなります。

ですが、その年の純利益自体は変わりません。

ということで、PERは高くなるわけです。

例えば、一昔前は20倍近くで、欧米のそれよりも2割程高かった。

これは、景気回復基調で企業利益の成長がそれらの国に比べて高い、とマーケットが予測していたと解釈できます。

他にも、2000年のテックバブルの際は、ネット関連は100倍とかで取引されるのが当たり前でした。

これは、利益成長がとんでもないスピードで進むと期待されていたからこんなばかげたPERで取引されていたわけですね。

現在の日本は、ヨーロッパなど他の諸外国より、高成長をしていくとマーケットから思われているのかもしれません。(真偽は別として)

それでは、利益予想以外の他の要素には左右されないのでしょうか

次回は、そこらへんをみていきたいと思います!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ