どうも、HANZAWAです。

今回から、ファイナンス基礎講座では、PERを扱います。

株式投資や金融に興味がある方なら一度は聴いたことがあると思います、この言葉。

そもそもPERとは何なのでしょうか。

PER=株価/一株当たり利益

のことなのです。

でも、これでは教科書的で分かりにくいですよね。

これを分かりやすく言うと、

ある企業に投資した時、その投資はどれくらいで元が取れる投資なのか

を大雑把に測る指標なのです。

まずは、PERの式の両辺に発行株式数を掛けます。

すると、

PER=時価総額/当期純利益

となります。

ここで、当期純利益は、株主のみに帰属する利益です。

ということは、最終的にはこれは株主のものになると考えられるわけですね。いつか返ってくると。

この、利益何年分が今の企業の価値になっているのかということがこのPERという式の意味なのです。

つまり、PERが高ければ、その分元を取りにくいということですね。割高だということになります。

逆にPER=3とかだと、たった3年分の利益でこの会社への投資は元を取れるということになり、割安だと考えられるわけです。

PERは「企業への投資は利益何年分で元が取れるのか」を見る指標だと覚えてください!

こうすれば、PERという式構成も、すっと頭に入ってくることと思います!

それでは、次回からPERを本格的に議論していきたいと思います。

まずは、日本のPERについて。

乞うご期待です!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ