どうも、HANZAWAです。

今回のファイナンス基礎講座は、DCF法最終回ということで、予測期間と負債の扱い方です!

前回はこちら

さてさて、前回までで企業が生み出すフリーキャッシュフローという概念をしっかりおさらいしてきたわけですが・・

これをリスクファクターで割引き、足し合わせればいいということはお分かりになって頂けたと思います。

問題は、将来キャッシュフローっていつまで予測するのか ということですね。

そりゃー我々が神様ならもう無限大に予測できるのが最高なわけです。

これは最高ですわ。  株で儲け放題!

でも現実はそんなこと不可能なんですね。あたりまえです。

ということで、実務では大体5年を基準としています。

なぜ5年なんだといわれると、これはきびしい質問です笑

たぶん投資銀行家に質問すると、なんか色々答えが返ってきます。

やれ「5年という事業単位が最も多い企業の事業サイクルだから」
ほれ「5年間における事業予想は、我々プロが自身を持って予測を行なえる最適な期間だから」

はい、こんなものブルシットです。ぜんぶハッタリですわ。

ほんとのところは、

だって殆ど企業価値なんて残存価値で決まるんだもーん

なんです。

残存価値ってなんやねん。と

いい質問ですね!

DCF法では大体5年の将来予測の後、一定成長率で企業は存続し続けると仮定してのこりのキャッシュフローを予測するんです。

一定で成長し続けるということは等比数列なので、6年目以降の無限にうまれるキャッシュフローを足し合わせたものは、数学的にとても簡単な式で表されるんですね。

この部分を残存価値といいます。

5年分のキャッシュフローともう無限年分の残存価値ならそりゃ残存価値のほうがでかいのは当たり前だと。

だから5年くらいで充分なわけですね。

ちなみに、詳しい計算式などは、次回の無料動画講座で扱いますので楽しみにしていてください!

このようにして得られたキャッシュフローの足し合わせが企業価値となるわけです!

この時負債などは考慮しません。

なぜなら、フリーキャッシュフローには債権者のためのキャッシュも含まれているので、長い目で見ると有利子負債は企業価値の中に入ってしまうと考えられるからです。

さてさて、なかなか文章で説明するときつかったですね、DCF法。ちまたの教科書も文章だけなんでだいぶとわかりにくいと思います。

しかし、動画講座で学べば話は別!

ということで次回の講座を楽しみにしていてください笑

さてさて、次回のファイナンス基礎講座からは、ちょっと毛色を変えた話題をしていきます。

さらに実践的で面白い内容(多分教科書にはのってない)ことをやっていきたいと思いますので、
宜しくお願いします!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ