どうも、HANZAWAです。

今回のファイナンス基礎講座では、利益とフリーキャッシュフローの違いを引き続きみていきます。

前回

FCF = 税引後営業利益+減価償却費-運転資本増加額-資本的支出額

であることをやりました。

前回はこちら

今回は、減価償却費をなぜ足し、運転資本増加額と資本的支出額を何故引くのかということをやっていきたいと思います。

まず、減価償却ってなんぞやと。

減価償却費は、無料動画でもやりましたが、資産の時間による価値減少のことです。

資産を使い終わったあと、もう一度売るとすると、価値は時間が経っているので下がりますよね。

この下がった分を費用換算してPLに入れるのが減価償却費です。

ここでポイントは、この減価償却は、全く現金が出て行っていないということです。

これは会計の法則によっていれなければならない費用勘定であり、実際のキャッシュは一切出て行ってません。

つまり、キャッシュフローだすときはキャッシュをみるので、この減価償却費は税引き後営業利益に足し戻さなければならないのです。

さらに運転資本増加額と資本的支出額を引きます。 これはナンでしょうか。

運転資本増加額とは、売掛債権や在庫の増加量から買掛債権の増加量を引いたものです。

運転資本 = 売掛債権 + 在庫 ー 買掛債権 

なわけですね。

売掛金などの売掛債権は、物は売れましたが、キャッシュはまだ入ってきてません。 
在庫は増加すると、キャッシュはへり、減少するとキャッシュが増えるわけです。 作る時にキャッシュがかかりますし、売れたらキャッシュが増えるからですね。

さらに、買掛金などの買掛債権は、物を仕入れましたが、キャッシュはまだ減っていません。

上の定義からわかるのですが、運転資本は、増加すればするほど、キャッシュが減っているわけです。

だから、運転資本増加額を引くわけですね。

長くなりましたが、最後の資本的支出額。

これは、ずばり設備投資のことです。

設備投資は資産に入るので、費用換算されませんが、これは現金支出を伴いますね。

なので、資本的支出すると、キャッシュが減るわけですから、引くということなのです。

営業利益を基点にして、ここから本業に関わるキャッシュの出入りをしっかりかんがえ、企業が本業で生み出す真のキャッシュを算出する。

この答えが、フリーキャッシュフローだったわけですね!

これで、もうDCF法をしっかり理解する土台が出来ました!

さらに、次回からは、残りの疑問である、

「何年分くらい予測して企業価値をだすの?」
「負債の扱い方は?」

に答えていきたいと思います!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ