どうも、HANZAWAです。

前回は、企業価値が有利子負債(債権者の持分)+株主にとっての企業価値(時価総額、純資産、もしくはDCF法で出る株主キャッシュフローNPVの足し合わせ)であり、この企業価値を出す方法が、債権者と株主両者に帰属する将来キャッシュフローのNPVの足し合わせであることを述べました。

前回はこちら

今日は、この将来キャッシュフローを詳しく見て行きたいと思います!

将来キャッシュフローに実務で使われるのは、基本的には株主プラス債権者のものである、フリーキャッシュフローです。

ここで問題なのが、フリーキャッシュフローてなんなんよということです。

フリーキャッシュフロー(FCF)は利益とは全く違います。

利益は、当たり前なんですけど、会計基準の影響を受けます。

この前アップした無料動画でもやりましたが、例えば減価償却費は販管費として利益から引かれることになります。

ですが、本来減価償却費は現金としては出て行っていないので、キャッシュとして会社には残っているわけです。

企業価値の一番大きなコンセプトとして、企業価値とは企業がどれだけキャッシュを生むかというものがあります。

つまり、利益とかは企業価値には二の次なんです。企業価値とはキャッシュなんです。だから、利益をNPVにして足し合わせても企業価値とはならないのです。

リスクファクターでも資金調達者という概念を大切にしましたよね。企業価値もいっしょなんです。

企業価値=企業が生むキャッシュと、少し乱暴ですがイメージして頂いても構いません

この上で、フリーキャッシュフローというのが、まさに企業が生むキャッシュなんですね。

この計算方法は、少し複雑ですが、

FCF = 税引後営業利益+減価償却費-運転資本増加額-資本的支出額

となります。

こんなん覚えられへんわという声が聞こえてきそうですが、大丈夫です!勿論数式を覚えるのではなく、しっかり意味を理解するとすんなりと入ってきます!

まず、税引き後営業利益です。動画でも何度も言ってますが、営業利益は本業の事業で出した利益です。

企業価値は基本的に企業の本業がどれくらいキャッシュを生むかをみるので、営業利益をスタート地点にします。

ここで、営業利益は、株主と、債権者と、あとお国のものなんですね。企業価値は株主と債権者にとっての価値なので、税金を引くことで、お国の取り分をここで引いちゃったわけです。

なので、税引後営業利益 = 営業利益×(1-実効税率)  となります。

ここに、減価償却費を足して、運転資本増加額をひいて、資本的支出を引くわけですが、なんのこっちゃて話ですよね。

長くなりましたので、これらは次回扱いたいと思います。

次回、めちゃくちゃ重要です。この3つの概念が完璧にしっくり来ない限り、ファイナンスを分かったことには一生なりません!

なので、次回を楽しみにしておいてください!!

ではでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ