どうも、HANZAWAです。

前回まででファイナンス基礎講座としてNPVとリスクファクターを扱ってきました。

今回からはその総集編として、DCF法をあつかっていきます。

はい。

なんやねんてはなしですね。

DCFほうて何やねん、なんかの法律かと。

これは、企業価値や株価を推計する際、投資銀行やヘッジファンドなどが実際に行なっている計算方法のことなんです。

DCF(Discount Cash Flow)法は、日本語で割引キャッシュフロー法といい、将来のキャッシュフローを割り引いてNPVにして足し合わせたものを、プロジェクトや企業の価値としよう!というモ デルです。

まずはイメージをつけていただくために、簡単な例を紹介します。

「あなたが会社をやっているとします。

あなたの会社は毎年1億円の利益を未来永劫出し続けます。

あなたの会社の資本コスト(WACC)は10%です。

あなたの会社はいくらの価値がありますか??」

さて、いくらの価値だと思いますか?

NPVとリスクファクターの考え方をマスターした、今の皆さんなら簡単にとけるかもしれませんね・・・

まずは、将来キャッシュフローを求めます。これは未来永劫毎年1億円です。

リスクファクターである資本コストは、10%です。

では、n年目の将来キャッシュフローである1億円のNPVは、1億÷(1.1)^n となりますね。

これを全部足し合わせるので、

1億÷(1.1)^1 + 1億÷(1.1)^2 + 1億÷(1.1)^3+ ・・・・+ 1億÷(1.1)^n+・・・・

と無限個足し合わせると、数学の力を使って、

企業価値=1億÷0.1 = 10億円 となります

未来永劫1億を稼ぎ出すのに、その会社の今の価値は10億円しかないんですねぇ・・・不思議なものです。

今のように、将来キャッシュフローをNPVにして足し合わせて、企業やプロジェクトの価値を求めるのが、DCF法です!!

なーんや、今までより簡単やん、余裕余裕!!と早まった皆様

はやまってはいけません。

普通に考えると様々な疑問がわいてきます。

将来キャッシュフローてどうやってもとめんの?
キャッシュフローてどこを使うの?利益?
何年続くって考えんの?
負債とかはどういう風にかんがえんの?
企業価値っていうけどそれって会社の時価総額とは違うの?

はい。もう考えればむちゃくちゃ出てくるわけです。

勿論、今からその全ての疑問にお答えしていきたいと思っておりますので、期待していてください。

今回は、DCF法のざっくりしたイメージを持って頂きました。

次回は、キャッシュフローって?企業価値って?

という所を攻めて行きたいと思います。

また長いシリーズになるかもしれませんが、実りあるものとしていくつもりですので、どうぞ宜しくお願いします!

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ