どうも、HANZAWAです。

今回のファイナンス基礎講座はβの最終回です。βを株式投資や実務に活かβすための見方をかんがえていきます。

前回の講座はこちらです。

それでは参りましょう。

βは企業と株式市場全体を比べた時のリスクの度合いです。

ここで、実は、βは企業の3つの要素によって決まります。

それは、
①企業の事業そのもの
②営業レバレッジ
③財務レバレッジ

の3つです。

まず一つ目ですが、βは企業の事業特性によって決まります。景気連動型のビジネスはβが高くなり、景気に連動しない薬品や日用品のビジネスはβが低くなります。

なので、株式投資をする際、景気が良い時は景気連動型の事業会社に投資しリターンをねらい、不景気の時は日用品などの事業会社に投資しリスクを回避するという投資行動は、βの面から見ても理にかなっているわけです。

次に2つ目の営業レバレッジです。これは、固定費がどれくらい割合として高いかということです。固定費が高いと、限界利益が大きくなります。(変動費が小さくなるので)

こうなると、利益の変動が大きくなり、βは高くなります。

更に3つ目の財務レバレッジですが、これは負債と株主資本の比率(所謂DEレシオというやつです)のことです。これが高くなると、債権者のウェイトが高くなるので、株主が負担するリスクが相対的に大きくなります。

なぜなら株主は残余請求権しかもたないからです。国と債権者に持っていかれた残りかすしかもらえないってことですね。だから債権者にいっぱい持ってかれると困るというわけです。

そうするとリスクが大きくなるのでβは大きくなります。

実務では、たとえば、
「企業価値をあげるために資本コストを減らす必要がある。実際同業他社のβを参考にすると、この会社のβは明らかに高い。事業に低βのものを組み込むか営業レバレッジを下げるか増資をしてDEレシオを下げなければならない。マーケットの状態もいいから財務レバレッジの話と最適負債比率の話を組み合わせて転換社債発行の提案でもしてみるか。」
みたいな考え方をしたりするんですね。

いやもっとしっかり考えるんですけど大雑把にはこんな感じです

上の「」内の台詞ですが、今までのファインナンス基礎講座を全て読んで頂ければ、すっと理解できると思います!!笑

今回の一番のポイントは、

βは企業の3つの要素によって決まる。

①企業の事業そのもの
②営業レバレッジ
③財務レバレッジ

ということでした。

さて、長かったですが、これでβの話も無事終わり、株主資本コストも終わりましたね!

ということで、次回は、残りの最後のピース、負債コストの話をしていきたいと思います。

負債コストの話が終われば、WACCの理解が完璧になり、リスクファクターを卒業して、NPVが理解でき、晴れて次のステップに移っていくことになります!!

つぎはどんな話にしていくかはまだ考え中ですが笑

ファイナンスはとても広くて、面白い話がまだまだあるんで、肩の力をぬいて楽しんで読んでいってくださいね!!

ではでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ