どうも、HANZAWAです。

リスクファクター第二回です。
第一回を読んでおられない方は、まずこちらをごらんください。

さてさて、今回はもう少し詳しくリスクファクターを見ていきます。

NPVを求める時は、企業のプロジェクトを評価するもしくは企業の価値そのものを評価するときどちらにおきましても、結局プロジェクト又は企業が出すキャッシュ(利益もしくは損失)をリスクファクターで割り引いていく必要があります。

ここで最も重要なのは、そのキャッシュを生み出した源泉の資金はどこから調達したのかということなのです。

前回述べたように、リスクファクターとは利子です。なので、たとえばプロジェクトもしくは企業そのものの価値をだすなら、企業にお金を貸している銀行、出資している株主、社債を購入している債権者など、多くのステークホルダーを考える必要があります。

なぜなら、一つのプロジェクトにしても、企業全体にしても、キャッシュを生み出すもととなった資金はステークホルダー全員で提供したお金だからです。

いやいや、このプロジェクトは借り入れだけでまかなっているんだ。なんて声が聞こえてきそうですが、そのプロジェクトは別会社でやるのではなく会社でやるんだから、プロジェクトの成否はステークホルダー全員にかかってるわけなんですね。

なので、特別の場合を除いて、企業関連のNPVを出す時は、リスクファクターに全ステークホルダーを考える必要があります。

この時よく用いられるのが、WACC(加重平均資本コスト)です。ワックと呼びます。

では、全てのNPVにWACCを用いるのかといいますと、そんなこたぁございません。

たとえば、株式投資ありますよね。

株価には、一応理論株価というものがございます。これはNPVのことなんですね。
つまり、キャッシュの中でも株主に属する部分(簡単に言うと営業利益から税金と利息をひいたもの。ちょっと違いますが)をNPVにして、未来永劫足し合わせたものを発行株式数で割ったものが、理論的には株価になるわけです。

で、このときのNPVを求めるためのリスクファクターに、WACCを使うのでしょうか。

この時使うリスクファクターは、株主の期待リターンなんですね。だって株主だけがこの場合のステークホルダーですから。(厳密にはWACCのDebt=0の場合と同じなんですけど)

少し難しいですね。

まとめますと、リスクファクターは、現在価値に直すキャッシュが帰属する資金提供者全員に対しての利子 になります。

難しかった方は何度か読み直して頂けると助かります。
実際ここの概念は結構難解で有名なので・・・

さて、この2回でリスクファクターの定性的な概念をお話しました。

次回で具体的な数式をお話したいと思います。つまり WACC の計算式です。
次回のほうが簡単だと思うのであせらないでくださいね!

ではでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ