どうも、HANZAWAです。

さて、今日はNPVにでてきたリスクファクターについて扱います。

NPVとは?の回にでてきたように、リスクファクターとは利子のことです。

いや、そもそも利子ってなんやねんて話ですね。
みなさん、お金を借りたら利子がつきますよね。でもなんで利子が付くんだと思います?

なんでみな当たり前のように利子を払うのでしょうか??

利子というのは、実は機会費用のことなんです。

つまり、お金を貸したとき、貸している期間そのお金を貸した人は使えませんね。

その間はお金を株に投資したくても、高級レストランにいきたくても、友達と旅行に行きたくても、
一切使えないのです。

だから、その機会費用の代償として、利子があるわけですね。

ここで、NPVを使う一番多い状況は、会社のプロジェクト価値とか会社の価値を算定する時ですよね。

そのプロジェクト、もしくは会社を運営するのに使うお金はどこからうまれますか?

そう、銀行が貸してくれる(社債発行も含め)、もしくは株式市場から調達する(事業主が資金を提供する場合も含め)という大きく分けて2つの方法があるわけですね。

この銀行や株主達が求める機会費用、いいかえれば
資金を貸す代わりに求める見返り
がリスクファクター=利子なのです。

専門的には、リスクファクター=期待リターンとも言い換えることが出来ます。

なぜNPVを出す時にリスクファクターを用いるのか。 それは、資金を供給してくれる人たち(銀行、株主)が最低限事業主に求める見返り=リターンがリスクファクターだからなのです。

つまり、NPVで0ではないプロジェクトや企業っていうのは、資金供給者達が最低限求めているリターン以上のものをあげている優良プロジェクトであり、企業なのですねー。

かなり分かりやすく書いたつもりですが、少し難しかったかもしれません。
ちなみに、私の勤める投資銀行業界でも、このリスクファクターを完璧に理解している若手は多くはありません。

ただ、こういう重要なことを理解せず年次があがると、自然に首を切られるわけですが・・笑

さて、次回はこのリスクファクターをもう少し詳しく見ていきます。計算方法なども説明していくつもりです。

ちなみに、このリスクファクターていうのは結構難しいテーマなので、何回か続くと思うので覚悟して於いてください!笑

ではでは。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ