どうも、HANZAWAです。

さて、前回のファイナンス基礎知識ではNPVを扱いましたが、

今回はそのNPVてなんで必要やねんって話をしたいと思います。

前回はこちら

NPVは将来のお金の価値の現在価値のことでしたが、実はこれを応用すると様々な場面に使えるのです。

たとえば・・・

みなさんが会社の社長だったとします。そんなときAさんとBさんとCさんが同時に企画書を提出してきました。

それぞれの企画書には収益計画が書いてあります。

さて、社長としてどのプロジェクトを実行するべきでしょうか??

ちなみにここでの判断材料は収益計画のみだとします。

何を判断基準にしましょうか・・利益? 損失のすくなさ?  投資額?  投資額の回収期間?

迷いますねー、なにが正しいのでしょうか・・

ここで登場するのが我らがNPVなのです!

つまり、この3種類のプロジェクトのNPVをだして、一番高かったものを選べばいいのです!

NPVを出す際には、初期投資をする時を0期と考えて、そこから毎期のキャッシュと費用から算出できる利益(または損失)をリスクファクターで割り引いて全部足し合わせることになります。

つまり、それぞれの期の利益または損失をNPVに直し、全部足し合わせて、初期投資額を引いたものがプロジェクトのNPVとなるのです!

式になおすと、

プロジェクトのNPV = -I + C1/(1+r) + C2/(1+r)^2 +・・・・

I : 初期投資額
C1,C2,C3・・・ : 毎期の利益または損失
r : リスクファクター

となります。

どうですか、少し難しいですかねー・・・

ですが、基本的にアメリカや日本の大上場会社はこのNPVを用いてプロジェクト評価を行っているので、知識としてもっておくと おおっ  てなるかもです笑

では次回はリスクファクターについて詳しく見ていきますね。

ではでは!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
外資系投資銀行マンがお教えします、Excelビジネスシミュレーション、財務モデリング無料動画講座はこちらから。有料動画講座はこちら。Excelを業務でつかうビジネスマンだけでなく、現役の経営者の方や、財務・会計・経営に携わるビジネスマン、財務・会計・経営に興味のある就職活動生、外資系投資銀行に興味のある就職活動生、簿記をとりはしたがいまいち自分のものになっていない方々など、幅広い方にお勧めします!
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


SNSのボタンと合わせて、押して頂けると、日々の励みとなります!

人気ブログランキングへ